タイトル小 >
戦略理論・調査手法 戦略立案の視点 調査の視点 シストラットの本 「私はこう見る」 ビジネスリンク 会社概要

シストラットの本

「ヒット商品を最初に買う人たち」森 行生著
(ソフトバンク・クリエイティブ 160ページ 700円)
2007年3月17日刊行

【アマゾンのマーケティング分野1位になりました(2007年4月6日現在。総合順位からの換算)】

ヒット商品を最初に買う人たち

丸ごと一冊「イノベータ」の本

ヒット商品は商品を買う消費者がいて初めて成立します。しかし、「開発秘話」はあっても「買う側」の視点で書かれた本はありませんでした。

一方、「新商品を最初に買う人たち」は「イノベータ理論」としてマーケティングの教科書には必ず紹介されています。しかし、ほとんどが数10ページ程度しか解説されていません。

本書は「イノベータについて『だけ』の本」でしか書けない深いところまで徹底解説。第5章の「ダブルイノベータ理論」ではイノベータの新しいカタチを初めて公開。

初心者にも分かりやすく、中級者にも面白い新書ならではの視点で、豊富な事例とともに著者のノウハウをさらけ出します。

「改訂・シンプルマーケティング」本当に使える競争の科学
森 行生著
(ソフトバンク・クリエイティブ 346ページ 1,800円)

改訂・シンプルマーケティング

前著から5年。あのマーケティング教科書が帰ってきた

前著はIT崩壊の前夜に刊行され、マーケティングの初心者であるIT関係者向けに執筆されたものの、そのシンプルな内容と基本的なマーケティング理論の紹介のため、広く一般にも読まれたビジネス書。

再販の声が高まる中、事例を変更しただけでなく、初心者向けの読みやすさとマーケティング理論の基本教科書としてのコンセプトはそのままに、新たに理論を追加して約70ページ増加。

「Simple is the Best」をマーケティングの信念とする著者が国内メーカー各社の実例を挙げて再び解説する。

「21世紀のモノ創り 70のヒント」
森 行生著

21世紀のモノ創り 70のヒント

iMac をマーケティングとデザインで斬る。

タイトルや表紙から受ける印象とはうらはらに、iMac(とアップルコンピュータ)をマーケティングとデザインの側面から分析したケーススタディ本です。
16年来のマックユーザーである代表が、私情を交えず冷静な目でマーケティング部門を担当(「コミュニケーション戦略」と「流通戦略」は編集部)。シンプルマーケティングでは解説しなかった価格戦略等も盛り込んだ、シンプルマーケティングの事例集として位置づけても楽しめるように執筆しました。

「シンプルマーケティング」市場の原点を見極める15の法則
森 行生著
(翔泳社 272ページ 1,800円)

シンプルマーケティング

IT時代の今だからこそマーケティングは基本原則に立ち戻らなければならない!

eコマース、eビジネス、eトレード、IT産業、IT革命──現在の「e」や「IT」のほとんどは企業家と投資家の熱い関係だけで成り立っており、もっとも大事な消費者がどこかに置き去りになってしまっている。

インターネットであろうが現実社会であろうが、生活者行動の基本を抜きにして、「e」や「IT」に期待を寄せても失敗は目に見えている。

そこで、従来のマーケティングの基本に立ち戻り、インターネットを既存のメディアミックスとしてどう利用したらよいかを、「Simple is the Best」をマーケティングの信念とする著者が国内メーカー各社の実例を挙げて解説する。

Copyright ©1998 -  SYSTRAT Corporation. All Rights Reserved.